きらケア介護求人のデメリットや悪い評判・上手な活用方法・利用するときの流れ

きらケア介護求人 介護士の転職サイトを使うデメリット

きらケア介護求人のデメリット・悪い口コミ

きらケアを利用するデメリットとしてどのようなことがあげられるのでしょうか?悪い口コミとともにその評判をチェックしていきたいと思います。

しつこい連絡

きらケアの口コミとして、連絡がしつこくて迷惑だと感じてしまったという声があげられています。いい就職先を見つけるために連絡を取るというのはある程度必要ですが、それがあまりにもしつこいとうんざりして嫌になってしまうこともありますよね。もし頻繁な連絡が負担だという方は、「何時~何時以外は連絡を控えてほしい」「連絡は1日2回までにしてほしい」などの要望を伝えておくとよいでしょう。それでも必要以上に連絡がくるようなら担当者の変更なども視野に知れるのも選択肢の1つと言えるでしょう。

アドバイザーとの相性が合わない

きらケアを利用した人の中には、アドバイザーとの相性が合わず残念だったという印象を抱いている人もいます。アドバイザーに関しては良い口コミも見られることから、担当者によりけりであることが伺えますよね。アドバイザーによっては冷たく感じが悪いことや、希望したような条件とは異なる求人を紹介してくることがあるようでした。きらケアを利用し転職する以上アドバイザーとは切っても切れない関係ですから、この人とは無理だと感じたら信頼できるアドバイザーの方に変更してもらうのもありかもしれません。

希望地域での就職は見つけられなかった

都心部を中心に求人を取り扱っているきらケアでは、希望するエリアによっては思うような求人が見つからないということもあるようです。首都圏にお住まいの方などには比較的良い条件のものも見つかりやすく良いサイトだと言えるのですが、少し地方になってくると中々そうはいかないのが現実でしょう。とはいえ取り扱いがないわけではないのでタイミング次第ではあるのですが、場合によってはあまり役に立たなかったというケースもあるでしょう。

きらケア介護求人の上手な活用方法

ではそんなきらケアを上手に活用するためにはどのような方法を取ればよいのでしょうか?ポイントとも言える部分を整理して、その良さを十分に活かしていきましょう。

アドバイザーとの細やかな連携

よい就職先を見つけるためにはアドバイザーとの丁寧な連絡は欠かせません。もちろん相性が悪いと感じているアドバイザーの方とでは意味がありませんから、その場合は運営に連絡し変更をお願いするのがいいでしょう。よい求人というのは、必然的に多くの人が応募したがります。そのため時間との勝負になることも多いですから、できる限りこまめにアドバイザーの方とは連絡を取り合うのをおすすめします。

希望条件を明確に伝えておく

転職活動を円滑に行うためにはその希望条件を明確にしておくことが大切です。なんとなく探していくよりかは、譲れないポイントをいくつか絞り込んでおいた方がよいでしょう。また、その希望条件はしっかりとアドバイザーの方とも共有しておくことをおすすめします。この辺をうやむやにしたり、曖昧に伝えたりすると理想の求人を逃してしまう原因にもなりかねません。全てが希望通りの求人というのは中々難しいと思いますから、給与や働き方などあらゆる要素において優先順位というものをはっきりさせておくとスムーズな転職活動に繋がります。

きらケア介護求人を利用する際の流れ

実際にきらケアを利用する場合、どのような流れで転職活動を行っていくことになるのでしょうか?まずは簡単な流れとしては以下の通りです。

1、サービスへの登録
2、アドバイザーとのヒアリング
3、求人の紹介
4、職場見学、面接
5、内定

きらケアを利用することに決めたら、さっそくサービスページから登録を済ませましょう。登録を終えるとアドバイザーの方から連絡が来るので、ヒアリングにて希望や経験などを伝えていきます。このときできるだけスムーズに転職活動が行えるよう、希望条件などはあらかじめ整理してまとめておくとよいでしょう。また、話した感じでこのアドバイザーさんとは無理かもしれないと感じたら、早めに運営の方へ変更をお願いすることをおすすめします。後になって変えるよりも、早めのほうが双方デメリットも少なくなりますよ。

条件を伝えたらアドバイザーの方から求人の紹介をしてもらえます。自分で探したものでもいいですし、とにかく気になる求人があれば詳しく尋ねましょう。できれば職場見学なども行っておくと、思っていた職場と違うなどのリスクも防げますよ。

働きたいと思える職場が見つかったら実際に応募していきます。書類選考や面接を行い無事に採用が決定したら転職活動は終了になります。なおきらケアでは就職後も雇用条件などで何かあれば就職先にアドバイザーの方から伝えてもらうことができるようになっています。アフターケアも万全ですので、積極的に活用していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました